信頼できるクリニックの美容施術で悩みを取り去ろう

サイトメニュー

ホクロ施術の注意と値段

エステティシャン ほくろ治療は、一個につき約1〜3万円程かかりますが、非常に短い期間で除去をすることができます。値段や日焼け等の注意点だけ念頭に入れておき、ダウンタイムさえ乗り越えれば、きっと満足のいく治療が受けられますよ。

詳しく見る

施術するなら読むべき

女性 ほくろを除去する場合には、レーザー治療によるものと手術をする方法があります。レーザー治療の場合には、2ミリから3ミリ程度の大きさならば対応できます。5ミリ以上の大きさになってくると手術を勧められることが多いです。

詳しく見る

お肌の問題に使える施術

化粧をする女性 皮膚にできやすいほくろの問題は適切な治療をすれば対応しやすく、外科手術を受ければ良い状態に変えられます。レーザーを使った方法でも問題を解決できますが、費用がやや高くなるので利用する時は注意しなければいけません。

詳しく見る

カウンセリングを受けよう

女性

後悔のない施術をする

ほくろ治療とは、メスや炭酸ガスレーザーなどにより、患部の組織を除去する治療のことです。ほくろは、イボのように皮膚の表面のみにできるものではありません。そのため、皮膚表面の盛り上がった部分だけを取っても完全とはいえず、その細胞全体を取り去ることが、治療の特徴になります。まず、一般的な施術方法である炭酸ガスレーザーですが、これは、患部に直接レーザーを照射して除去するという方法です。この治療方法は、ほくろだけでなく、ウオノメやアザなどにも、ごく一般的に使われています。出血がほとんどなく、短時間の施術で簡単に行えるという特徴があります。多数のほくろがある場合でも、一度に施術が行えるという利点もあるといえます。施術後は、10日から2週間ほどは塗り薬によるケアが必要ですが、丁寧なアフターケアで、傷痕はきれいになくなります。最近では、レーザーによる除去治療が主流になりましたが、メスを使ったくり抜き法は、皮膚ガンの疑いがある場合に病理診断が適切に行えるというメリットがあります。また、切除縫合法という施術方法もあり、こちらは、ほくろをメスで取り除き、その後、患部を縫合する方法になります。縫合するため、くり抜き法よりは早く治癒することができるでしょう。丁寧な縫合作業により、傷痕はほとんど目立つことはありません。術後に患部のへこみが残りにくいことから、患部が大きい場合に向いている施術方法だといえます。縫い目に緊張がかかるのを防止するため、一定期間のテーピングが必要な場合もあります。
ほくろ治療に関して、やはり気になるのは実際にかかる費用かもしれません。クリニックによってかなり料金に幅があるので、迷ってしまうことも多いでしょう。その料金の違いには、やはりサービスの質がはっきりとあらわれているようです。丁寧なカウンセリングや親切なアフターケアサービスを望むのであれば、あまりに安いところは避けるべきでしょう。また、大手の美容クリニックでしたら、ネット上の口コミを参考にすることもできるので、是非活用してみましょう。特に、患者に施術を急がせるようなクリニックには注意が必要です。やはり、患者の悩みをきちんと聞いてくれて、ある程度カウンセリングに時間をかけてくれるようなところが望ましいでしょう。たとえ、ほくろ1つの問題でも、当人にとってはとても切実な悩みです。そのような患者の悩みに、最初からきちんと向き合ってくれないようでは、信頼性を保つことは難しいといえます。施術するクリニックを選択する前には、まず、カウンセリングだけを受けてみるということも重要です。複数のクリニックで、実際にカウンセリングを受けてみて、スタッフの対応や担当医との相性などを確認してみましょう。その際に、説明がわかりやすく丁寧な対応がみられ、さらにクリニックの雰囲気も良ければ、決めても良いかもしれません。その時には、ほくろの大きさを測定して、料金の概算もしてもらえるので予算の確認もできます。ほくろ治療をする時は、このようにクリニックに足を運んで、自分自身の目で確かめてから決めるのが、何よりも大切なことだといえるでしょう。