信頼できるクリニックの美容施術で悩みを取り去ろう

サイトメニュー

施術するなら読むべき

女性

メリットやその特徴を知る

人間の顔などにできるほくろは、その人によって大きさや数が異なります。もともとほくろはメラニン色素が定着してできたものとされています。顔にできている場合でも、あまり大きいものだと気になる人もいるでしょう。そこで、これを除去する方法があります。ただ、自分で行うとうまくいかない場合や余計に状態が悪くなってしまうことがあります。そこで、本格的に行うならば美容整形外科などに行った方がよいです。この時知ってしておくとよい情報としては、治療するときにレーザー治療で行う方法と手術をする方法があることです。手術をする方法のメリットは、健康保険を利用することができることでしょう。基本的に健康保険は患者の方で3割負担だけですので、安くほくろを除去することが可能になります。その一方で、レーザーによって治療する方法もありますが、このメリットは比較的短時間で行うことができることです。レーザーで行う場合には、炭酸ガスを注入してほくろの組織を蒸発させる仕組みです。手術をせずに済むだけでなく、ダウンタイムが短いため顔にテープなどを張る期間も短くなるでしょう。わざわざそのために会社を休む必要もなくなります。また、すでに確立されたやり方になりますので失敗することもめったにありません。そして、レーザーを使う治療の場合には医者によって腕前の違いはそれほど出ません。そのため、たいていのところではレーザー治療してくれるわけです。料金に関しては、大きさによって異なります。ひとつにつき\10000から\30000ぐらいになります。
ほくろの治療する場合の特徴ですが、実は大きく分けて2種類の方法があります。レーザー治療と手術の2種類ですが、厳密に言うとどちらでも選べるわけではありません。基本的に、ほくろの大きさによって治療方法が変わると考えておけばよいでしょう。直径が2ミリから3ミリ程度のものに関しては、ほぼ間違いなくレーザーで済ませることができます。小さいものになると、根っこの部分もそれほど深くありません。そのため、レーザーが届く範囲で治療ができてしまうわけです。5ミリぐらいになると医者によって対応の仕方が変わってきます。最近はレーザー治療で済ませることが多くなっていますが、中には手術をした方がよいと手術を勧めてくるところもあるでしょう。5m以上になった場合には、手術をすることが多くなります。1センチを超えることはあまりありませんが、その大きさになれば確実に手術になるでしょう。手術をする場合の特徴は、ほくろの部分を完全に取り除きますのでダウンタイムは2週間から3週間ぐらい必要になります。ダウンタイムとは、元の状態に戻るまでの時間のことですので、最低でも2週間から3週間は顔にテープなどを貼っておかなければなりません。ただ最近は、テープを貼るといっても顔の色に合わせたものを用意してくれますので、それほど目立つことはないでしょう。いずれの場合も、最初にカウンセリングを行うのが特徴になります。多くの場合、医者から患者に対して要望がないか聞いてきます。この時要望があるならば、遠慮せずに医者に伝えることが必要です。